仮想ディスクの変換 (VMDK 形式から VHD/VHDX 形式への変換)

はじめに この記事では、記事: Ubuntu VM の移行 (VMware から Hyper-V へ) で説明した以下の移行手順の ステップ 1 について説明します。 VMDK 形式の仮想ディスクを VHD/VHDX 形式への変換 新しい仮想マシンを作成 (変換した仮想ディスクをアタッチする) open-vm-tools のアンインストール (オプション) 第2世代 Hyper-V 仮想マシン用の仮想ディスクへ変換 (オプション) Secure Boot の有効化 Hyper-V 統合サービスのインストール VMDK ディスクを VHD/VHDX ディスクへ変換する VMware 仮想マシンでは仮想ディスクに VMDK 形式を利用しているため、Hyper-V 仮想マシンで利用できる仮想ディスク形式 (VHD/VHDX) とは異なります。 Hyper-V で同じ仮想ディスクを利用するためには、VMDK 形式を VHD/VHDX 形式に変換する必要があります。 MVMC (Microsoft Virtual Machine Converter) のインストール 仮想ディスク VMDK 形式は、マイクロソフトが 2014 年にリリースした MVMC (Microsoft Virtual Machine Converter) 3.0 を利用して、VHDX 形式に変換することができました。 2023-03-16 現在、リリース記事内のリンクは無効となっていてダウンロードすることはできませんが、 以下のマイクロソフトのダウンロード URL からダウンロードすることができます。...

2023/03/16 Â· @shigeyf

Ubuntu VM の移行 (VMware から Hyper-V へ)

VMware 仮想マシンを Hyper-V へ移行する これまで、Windows の開発環境で VMware Workstation Player (個人利用では無償バージョンを利用することができる) を使って開発用の仮想化環境 (Ubuntu Linux マシン等) を用意していましたが、 新しい PC の購入に伴い、開発環境を引っ越しすることにしました。 この引っ越しに伴って、仮想化マシンも Hyper-V へ引っ越しすることにしました。 Ubuntu OS の VMware 仮想マシンを Hyper-V へ移行するには以下の手順で行います。 VMDK 形式の仮想ディスクを VHD/VHDX 形式への変換 新しい仮想マシンを作成 (変換した仮想ディスクをアタッチする) open-vm-tools のアンインストール (オプション) 第2世代 Hyper-V 仮想マシン用の仮想ディスクへ変換 (オプション) Secure Boot の有効化 Hyper-V 統合サービスのインストール ステップ 1: VMDK ディスクを VHD/VHDX ディスクへ変換する VMware 仮想マシンでは仮想ディスクに VMDK 形式を利用しているため、Hyper-V 仮想マシンで利用できる仮想ディスク形式 (VHD/VHDX) とは異なります。 Hyper-V で同じ仮想ディスクを利用するためには、VMDK 形式を VHD/VHDX 形式に変換する必要があります。 仮想ディスク VMDK 形式は、マイクロソフトが 2014 年にリリースした MVMC (Microsoft Virtual Machine Converter) 3....

2023/03/15 Â· @shigeyf