Ubuntu Linux 起動ディスクを BIOS ブートから EFI ブートへ変換

はじめに この記事では、記事: Ubuntu VM の移行 (VMware から Hyper-V へ) で説明した以下の移行手順の ステップ 4 について説明します。 VMDK 形式の仮想ディスクを VHD/VHDX 形式への変換 新しい仮想マシンを作成 (変換した仮想ディスクをアタッチする) open-vm-tools のアンインストール (オプション) 第2世代 Hyper-V 仮想マシン用の仮想ディスクへ変換 (オプション) Secure Boot の有効化 Hyper-V 統合サービスのインストール Ubuntu Linux 起動ディスクを BIOS ブートから EFI ブートへ変換 第 2 世代 Hyper-V 仮想マシンで Ubuntu Linux を起動するには、 Ubuntu Linux の起動ディスクを BIOS ブートから EFI ブートへ変更する必要があります。 起動ディスクを EFI ブートに変更するには、Ubuntu インストーラー メディア (ライブサーバー) を使って以下の手順で行います。 新しい第2世代 Hyper-V 仮想マシンを作成する パーティションのサイズの縮小 EFI パーティションの作成 (EFI パーティションはディスクの最後尾に準備) Grub EFI のインストール /etc/fstab の編集 インストーラーメディアはこちらのサイトからダウンロードします...

2023/03/17 Â· @shigeyf