Hyper-V ホストのネットワークパフォーマンスの改善

はじめに Windows 11 で Hyper-V を有効にした際に、仮想マシンをホストコンピューターが接続しているローカルネットワークに直接接続したい場合があります。例えば、複数の物理コンピューターがある場合に、ある物理コンピューターにホストした仮想マシンと物理コンピューターとの間で同じローカルネットワークのセグメントで直接通信させたい場合です。 Hyper-V の仮想スイッチマネージャーから [外部] ネットワークを作成すると、 物理ネットワークインターフェース (WiFi または イーサネット) にブリッジネットワークが構成されます。 仮想マシンの仮想 NIC を作成した [外部] ネットワークに接続することで、仮想マシンをローカルネットワークに接続することができるようになります。 この際、Hyper-V ホストにも仮想 NIC が作成され、同じ [外部] の仮想スイッチに接続されるよう構成されますが、 Hyper-V ホストからの外部ネットワークへのアップロードのネットワーク速度が極端に低下する場合があります。 この記事では、ネットワークパフォーマンスを改善する方法を紹介します。 どのようなパフォーマンスの問題があったのか? Hyper-V ホストに [外部] ネットワークの仮想スイッチを作成した後、 アップロードのネットワーク通信が極端に遅い、という現象が発生しました。 Network Speet Test という無料の Windows ストアアプリをインストールして試したところ、以下のような結果でした。 ダウンロード (下り) は約 120 Mbps の速度が出ているのですが、アップロード (上り) はたった 0.5Mbps 程度しか出ないという状況です。 明らかにおかしいと思われる様子なので、調べてみました。 Hyper-V を有効にする前に測定したネットワーク速度や同じ LAN に接続した他のデバイスからの測定結果とも異なりました。 ネットワーク アーキテクチャの理解 具体的な問題解決方法の前に、Hyper-V ホストに [外部] ネットワークの仮想スイッチを作成すると、どのようなネットワーク構成になるのか? ネットワーク構成は以下のような図になります。 Hyper-V ホスト OS からのネットワーク パケットは、仮想 NIC とネットワーク ブリッジの両方を経由して、物理 NIC から外部へ送受信されます。...

2023/03/21 Â· @shigeyf