VSCode Server (コード開発サーバー) のセットアップ

以前の記事で VSCode Server を使った開発サーバーについて触れましたが、この記事では、具体的なセットアップ方法について触れます。 セットアップ Visual Studio Code のサーバー機能(VSCode Server リモートトンネル)を使って、コード開発サーバーを構築します。 このコード開発サーバーでは、リモート環境の VSCode デスクトップアプリ版またはウェブ版からリモート開発を行うことができます。これによって、iPad などのモバイルデバイスのようにVSCode アプリをインストールできない環境でもリモート開発ができるようになります。 VSCode のインストール 自宅に余っている Windows コンピューター (8GBメモリ, 256GB SSD) があったので、このコンピューターを使ってコード開発サーバーをセットアップすることにしました。コード開発サーバーは、Ubuntu Server 22.04 LTS を使うことにます。 現在は VSCode Server 機能は VSCode バイナリに含まれてるため、VSCodeをインストールすることにします。 # Add a GnuPG trusted key for Microsoft package repositories curl -sLS https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo gpg --dearmor -o /etc/apt/trusted.gpg.d/microsoft.gpg # Add VSCode repository sudo add-apt-repository "deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/repos/vscode stable main" # Install VSCode (stable) sudo apt install code # Install VSCode (insiders) sudo apt install code-insiders VSCode の Webサイトからバイナリを直接ダウンロードしてインストールすることも可能です。...

2023/03/02 Â· @shigeyf

いつでもどこでも開発を

Visual Studio Code (VSCode) の開発の進化がすごい! VSCode Web (vscode.dev) VSCode は、Microsoft によって開発され 2015 年にベータ版がリリースされた、オープンソースのコード開発の統合プラットフォームです。 当初は、商用版の Visual Studio 統合開発環境 (IDE) から、コンパイラやビルドツールを除いて、コード開発部分だけに注力したアプリケーションとして公開されたような位置づけでした。その後は、コード整形、文法チェック、テストなど様々な機能のためのプラグインの充実、コンパイラやデバッガを実行するためのターミナルセッションとの統合などにより、完全な統合開発環境として Windows だけでなく macOS, Linux でも動作する、開発者にとっては素晴らしい無料のアプリケーションとなっています。 2021年10月の vscode.dev の発表 でウェブブラウザーでも利用できるようになり1、iOS/Android などのモバイル OS 環境でもブラウザーを使って開発をすることができるようになっています。 GitHub Codespaces 当初のウェブ版の VSCode は、GitHub 上の Git リポジトリのコードの閲覧や編集に利用できましたが、GitHub Codespaces サービスのリリースにより、クラウド上でホストされた仮想マシンの開発環境を使って開発・テストなどの作業が実行できるようになりました。この GitHub Codespaces には、個人用アカウントに含まれる月間ストレージとコア時間が含まれているので、限られた時間内では無料で開発ができます。 このクラウド型のサービスでは、ソースコードやワークスペースは仮想マシン環境に配置されるため、個人のローカル環境におく必要はなく、複数のコンピューターを使い分けるシーンでもシームレスに開発を継続することができます。 VSCode Server - Remote Tunnels GitHub Codespaces と同じような開発環境を自前で用意できないものかと考えていたところ、2022年7月に VSCode Server のリモートトンネル機能のベータ版がアナウンスされました。 この機能は、これまでにリリースされたリモート接続による開発とは異なり、vscode.dev とコード開発サーバーの間にセキュアなトンネルを確立する方式のリモート接続による開発となります。 任意の物理環境や仮想環境で VSCode Server サービスを起動し、リモート環境の VSCode (デスクトップアプリ版またはウェブ版) からリモート開発を行うことができるようになります。VSCode Server リモートトンネル機能のアーキテクチャは以下のようなイメージと想定されます。 元々、2013年に発表された Visual Studio Online (コードネーム ”Monaco") の活動と Microsoft による GitHub の戦略的な統合がクロスした瞬間ではないでしょうか。 ↩︎

2023/03/01 Â· @shigeyf